令和3年10月より登録申請開始!!
『インボイス制度』って何?
(令和4年3月1日更新)

マンガ1


令和5年10月から始まるインボイス制度をご存じでしょうか
この制度では、軽減税率などで複雑化する請求書(インボイス)を、より正確に明示する適格請求書の保存が求められます
適格請求書では、商品ごとの税率を明確に示すことはもちろん、事前に申請しておいた登録番号を記載する必要があります

令和3年10月から、適格請求書に記載するための登録申請が始まります
施行直前に慌てないためにも、余裕をもって申請を行いましょう
詳しくは国税庁の概要PDF、 または国税庁の特集ページもご覧ください


マンガ2


ジョブカンDesktopシリーズでは請求書を作成できる製品で、すでに事業者登録番号が印刷可能なプログラムを提供しております
また、インボイス制度には、事前のアップデートにて対応予定です
このアップデートは基本使用サービスの有効期限内のユーザー様が対象となります

<対象予定製品>
  • ジョブカン見積 / 納品 / 請求書 Desktop
  • ジョブカン見積 / 納品 / 請求書 Desktop 匠
  • ジョブカン経理 Desktop

<基本使用サービスが有効期限切れの場合>
基本使用サービスの有効期限が切れている場合は、更新のお手続きを実施いただくことで
対象のプログラムをご利用いただけるようになります。
有効期限切れ時の更新のお手続き方法につきましては、「基本使用サービスの再開方法」にてご案内しております。


インボイス制度に対応しない場合
インボイス制度に対応せず、今までの請求書の運用を続ける場合は仕入税額控除が受けられません
特に罰則はありませんが、取引先からインボイス制度への対応を求められるケースなどが想定されます
取引先に迷惑をかけないためにも、できるだけインボイス制度への対応をおすすめします
※登録申請をせずに、適格請求書と誤認されるような請求書を発行するなどした場合には、罰則があります


登録申請期間
2021年10月1日~2023年の3月31日までに登録申請を行うと、
2023年10月の制度施行に間に合うように登録番号が発行される見込みです
お早めの登録申請をおすすめします



事業者登録番号を請求書に印刷しよう!

画面はジョブカン見積 / 納品 / 請求書 Desktopのものです。ジョブカン見積 / 納品 / 請求書 Desktop 匠、ジョブカン経理 Desktopでも同じ作業を行えます



STEP1

メニューバーの[導入]→[事業者登録番号の登録]→[登録番号]の順に
クリックし、出てきたダイアログでチェックを入れてから
承認を得た登録番号を入力します

ヘルプマーク
正しい番号以外入力できません
うまく登録できない場合は、承認を受けた登録番号に
間違いがないかご確認ください

ステップ1


STEP2

つぎに、請求書に登録した番号を表示します
STEP1で番号の登録が済んだ状態で、
請求書の印刷ダイアログを開きます

ヘルプマーク
見積書にも同じ手順で登録番号の印刷が可能です
ステップ2-1 つぎへ

印刷ダイアログでは、
「区分記載請求書等保存方式で印刷する」にチェックを入れ、
下部の詳細設定をクリックします

ステップ2-2 つぎへ

詳細設定のダイアログが開いたら、
上部の「明細」タブをクリックして表示される、
「税率ごとに合計した金額(対価の額と消費税額)を印刷する」に
チェックを入れます

この時、下の「適格請求書発行事業者の登録番号を印刷する」にも
チェックが入っていることを確認します

最後に[OK]をクリックし、通常通り印刷を行います
ステップ2-3 つぎへ

印刷した請求書に登録番号が印刷されていれば
作業は完了です
ステップ2-3







わたしたちは、常にお客様を応援しています!

ぜひこちらもご覧ください